容積という発想がすべての

ナナメウエの
イエとは?

Land Made SYSTEM だから出来る 空間マジック

あたりまえですが、太陽は私たちの頭の上にあって、自然がもたらす光は上から差しています。
だから目線を少しナナメウエに向けるだけで、気持がパッと明るくなったり、希望の光がわいてきたり・・・。

家づくりも同じです。
視点をナナメウエに持っていくと空間全体を見渡すことで見えなかったものが見えてきて、幸せがたくさん訪れます。
そんな家に暮らしたいと思いませんか?

ワタシたちがおすすめする新しい家づくり、それが Land Made SYSTEM なのです。

01ひろがる空間

かしこくたてて
ひろびろくらす。

家を建てるときに縦×横という平面的な設計で考えていませんか?

夢のマイホームを建てる際に一番気になる建築コスト。床面積が増えればコストも比例して上がります。
夢は膨らんでも、コストは膨らませたくないというお客様のニーズにこたえるのが「ナナメウエ」の着想。
コストを抑えながら、広々と暮らせる工夫を家づくりに盛り込みます。
Land Made SYSTEMでは、土地と空間を最大限に活用するプランニングによって、画期的な住環境を生み出しています。

ひろがる空間

02採光の極意

南から差す光はもちろん
全方位から差す光も
上手に採り込みます。

室内にいかに光を取り込むか・・・
採光は家づくりにおいてとても重要な要素です。
ただ単に窓を数多く設置していませんか?

北向きの部屋は暗いという常識は、Land Made SYSTEMには通用しません。
隣の家までも「上手く利用」しながら、窓を設置する位置、窓の形状の大きさ、さらにはガラスの種類まで緻密に計算し、南からはもちろん全方位からも自然光を採り込みます。

採光の極意

暗くなりがちな北向きの部屋にも、自然光がたっぷり降り注ぎます。

採光に対する考え方の基本は、北向きの部屋でも自然光だけで新聞が読める明るさを確保すること。冬至日の太陽の位置に合わせ、自然光が室内の奥まで届くよう高低差をつけて窓を設置します。
光の特性である「反射」にも目をつけ、隣の家の外壁に反射する光を室内に採り込んだり、吹き抜け部分から入る光を白い壁(クロス)に反射させて一層明るくするなど、緻密な計算のもとに採光を工夫しています。

自然光のある部屋

自然光を室内にさらに拡散させるため、窓のガラス選びにもひと工夫。

光の「反射」に加えて、光の「拡散」にも採光の極意があります。
それは、より明るさを確保したい時には「デコボコガラス」を選択するというもの。
このガラス(型板ガラス)には視線を遮る効果だけでなく、通常の透明ガラスに比べて表面積が増え、光を拡散させる効果もあります。
つまり、より広範囲に自然光を届けることができるのです。
高い位置にある窓や北側の窓などには、この「デコボコガラス」を採用することで明るさを確保しています。

自然光を室内にさらに拡散

家具の配置を設計段階で考え、無駄のない採光を実現します。

「リビングに家具やソファを実際においてみたら、窓の半分が隠れてしまって暗くなり、外からの見た目も悪い」というケースが往々にして見かけられます。
こんなことがないように、プランニングの段階から家具の配置を考えて設計するのがLand Made SYSTEM。
デザイン性や機能性に配慮しながら、無駄のない採光を実現します。

無駄のない採光

03幸せな風景

風通しの良い
空間づくりは、
視線を『ナナメウエ』に
向けるのがコツ。

快適で使いやすい空間には、動線をイメージしていますか?

効果的な採光により、室内の通風性も比例して高まります。
でも、それだけではありません。
空間に『ナナメウエ』を持ち込むことで開放感が増し、家族との関わり方やプライバシーにも効果を発揮。
縦発想によって限られた空間を活かし切ることで、住み手の気持ちに期待以上の価値で応えます。

幸せな風景

対角線の長さで開放感を生み出す空間プランニングが特徴です

たとえば、幅10m・高さ10mの空間において、高さ5mのところで空間を2m横にずらしてみると、対角線の長さが14.1mから15.6mに延びます。この対角線を人間の視線と考えれば、ずらすことによってより遠くまで見渡せるようになり、空間の広がりが増すことになります。
これが「ナナメウエ」の空間プランニング。同じ広さなのに、より広く感じる空間マジックです。
キッチンから、少しフロアに上がったリビングを見上げたり、逆にリビングから、少しフロアが下がったキッチンを見下ろしたり、開放感は格段に違ってきます。

空間プランニング

たとえばキッチンで料理しながら子供の勉強する姿が見渡せたり

キッチンから見上げるリビングの一角(キッチン側)に奥行きのある低めのカウンターを設ければ、このカウンターを机代わりに勉強する子供の姿を料理をしながら見渡せます。
キッチンでお母さんがひとりぼっちになることなく、リビングにいる人たちとお互いに顔を見合わせて会話ができるという、些細なことかもしれませんが、毎日の生活を考えれば、家族の絆を深める大切なワンシーン。
立体的な空間プランニングによってより良いライフスタイルを演出します。

キッチンで料理しながら

1階なのにバルコニーがあって、大きな窓はカーテンなしでもOK。

少しフロアが上がったリビングへのアプローチには、その高低差を活かしてバルコニーも設置できます。
大きな窓で通風性が増すのはもちろん、通常の1階の窓に比べて高い位置にあり、しかもバルコニーの壁もあるため、外からの視線をある程度遮ることができます。
大きな窓で明るく、風通しが良いのに外からの視線がそれほど気にならない。つまりカーテン無しでもOK。
空間がすっきりとすることで開放感がさらに増し、家族のプライバシーも守られます。

大きな窓はカーテンなしでもOK

04面積から容積へ

さまざまな土地形状に、
Land Made SYSTEM
有効です。

住宅の価値をはかる基準に床面積(m²)がありますが、空間には高さが関係していることをイメージしていますか?

新しく造成された分譲地や区画整理地のような「きれいな形の四角い土地」は決して多くはありません。
都市部になるほど、住宅設計に頭を悩ます土地形状が増える傾向がありますが、そういうケースになるほどプランニング力を発揮するのが、Land Made SYSTEMなのです。

面積から容積へ

住宅の空間利用率を高め、土地を隅々まで有効活用するプランニング

面積から容積への発想の転換により、土地の成約を受けない空間づくりを確立

住宅の床面積(m²)で考えるのではなく、容積(m³)で捉えて空間利用率を高めるのが『ナナメウエ』の着想です。
土地の成約を受けない縦発想の空間づくりにより、床下や小屋裏のスペースも活かしながらコンパクトで機能性の高い空間を追求します。
たとえば、床面積22坪の家で容積は30坪の家を上回る空間を確保。
建築コストの抑制にも貢献します。

面積から容積への発想の転換

土地を隅々まで有効活用することで、その土地から生み出される利益を最大限に確保

『ナナメウエ』の着想によるプランニングは建物を真上から見た時にも差が出ます。
家の形はキレイな四角形が一般的ですが、Land Made SYSTEMでは凸凹のある多角形にも対応。
よって、土地の隅々まで有効に活用することができます。
一般的に敬遠されがちな土地形状でも柔軟に対応でき、その土地から生み出される利益を最大限に確保します。

土地を隅々まで有効活用

一般的に敬遠されがちな土地形状でも、コストを考えれば、むしろ掘り出し物。

土地購入から家づくりを計画する場合、住宅建築にかけられる予算は土地の価格に大きく左右されます。
「きれいな形の四角い土地」は希少物件で高価なのに比べ狭小地や変形地は物件数が多く、しかも価格がリーズナブル。
浮いた予算を建築コストにまわしたり、家具購入にまわすことができるため、Land Made SYSTEMにおいてはまさに掘り出し物なのです。

住宅見取り図

05Re:you Design

将来を見据えた知恵工夫!
経年劣化のない魅力!」があなたの暮らしをサポートします。

効率の良い快適な住まいをイメージしていますか?

考えられた洗濯動線

2階まで上がらなくても、洗う・干す・畳む・納める・使うが可能な動線です。

考えられた洗濯動線

家族構成、作業効率を見据えた設計。

将来を見据えた設計で、設備機器の提案から配置まで、住み方の人数に合わせた空間づくりを実現。

家族構成、作業効率を見据えた設計。

Land Made SYSTEMのプラスα

『ナナメ』にすると上も下も使えるため、収納力が格段にパワーアップします。

収納力の秘密01

『ナナメウエ』のリビングの床下は大型収納!

収納力の秘密01

収納力の秘密02

『ナナメウエ』の1階バルコニーの下は外部収納!

収納力の秘密02

収納力の秘密03

『ナナメウエ』のロフト部分にも大型収納!

ロフト部分にも大型収納!

「家を小さくつくる」からと言って、収納スペースを犠牲にしたりはしません。
むしろ、収納力が増すのがLand Made SYSTEMのメリットです。
『ナナメ』の着想によって床下や小屋裏の空間を最大限に活用。
通常の約1.5倍もの収納力を実現します。

お問合せ

※(*)の項目は記入必須項目です。
※送信内容は、記入いただいたメールアドレスに控えとして自動返信されます。
※自動返信メールが届かない場合、迷惑メールフォルダをご確認ください。
※フリーメールアドレスなどで、自動返信メールが届かない場合もあります。

お問い合わせ種別

ご相談見積依頼調査依頼現場見学予約その他

ご希望の連絡方法をお選びください

メール電話ファックス郵送訪問

お客様情報

お名前*

メールアドレス*

郵便番号
-

都道府県

住所(市区町村、番地)

住所(建物名など)

お問い合わせ内容

お問合せ

ツイッター

フェイスブック